高校生なのにほうれい線が・・・ 簡単にできる対策を紹介!

高校生なのにほうれい線はできるの? 簡単にできる対策を紹介!

ireba

 

ほうれい線は、加齢によってできるものだと思っていませんか?

 

実は、ほうれい線ができる原因は加齢以外にもあるんです。
ここではすでに出来てしまったほうれい線を薄くするための方法などをご紹介します。

 

 

 

高校生でもほうれい線は出来る!

高校生なのにほうれい線はできるの? 簡単にできる対策を紹介!

参考資料:http://huma-c.co.jp/topic/enquete_slack.html

 

20代~40代の女性に対して行ったアンケート結果によると、30代を越えた女性では約半数、40代では8割近い人が「ほうれい線が気になる」と回答しています。こういったアンケート調査は様々なテレビや美容雑誌でも特注されています。
そのため、ほうれい線=年齢を重ねるにつれて悩むものという考えが一般になっているのです。

 

 

しかし、10代でもほうれい線ができることがあります。ほうれい線ができる原因は、加齢だけではないからです。
ただし、10代で出来るほうれい線の原因は、20代~40代の女性が悩んでいる原因とは違うことがほとんど。
まずは、10代の若い世代でほうれい線ができる理由を知っておきましょう。

 

 

 

高校生でほうれい線ができる原因3つ

1. 過度なダイエット

高校生なのにほうれい線はできるの? 簡単にできる対策を紹介!
身長と体重のバランスを示すBMIという数値をご存知でしょうか。実は、10代のBMI数値が、一昔前に比べてかなり少なくなっています。適正なBMI値であっても「自分が太っている」と感じている人が多く、その結果、痩せすぎの10代が増えてきているのです。

 

痩せすぎると、体の脂肪だけではなく顔の脂肪もなくなります。

 

顔の脂肪が無くなってしまうせいで肌の内側のハリがなくなり、頬の皮膚がたるんでほうれい線ができてしまうのです。

 

ほうれい線の多くは乾燥や肌弾力低下による「シワ」なのですが、痩せすぎの人に見られるほうれい線は「皮膚のたるみの陰」のこともあります。最初は単なる影であっても、長い年月そのままにしておくと皮膚にシワとして刻まれてしまうので要注意です。

 

 

2.骨格や噛み癖

高校生なのにほうれい線はできるの? 簡単にできる対策を紹介!

 

いつも同じ方の歯で食べ物を噛んでいたり、頬杖をついていたりすると、骨格が歪んでしまうことがあります。

 

骨格が歪んでしまうと、その上についている筋肉や脂肪が正しい場所につくことができません。

 

本来あるべきところに筋肉や脂肪がつかないせいで、頬が垂れさがってほうれい線ができやすくなってしまうのです。

 

鏡を見た時に、左右の顔のパーツの位置がズレているようなら骨格の歪みがほうれい線の原因の可能性大。

 

 

 

噛み癖や頬杖などの癖であれば、気を付けるだけでもある程度の改善が見込めます。
しかし、顎が前に出てしまっていたり、骨格そのものが変形してしまっている場合には接骨院や歯科医院での矯正が必要なことも。

 

 

3. 正しいスキンケアを行っていない

高校生なのにほうれい線はできるの? 簡単にできる対策を紹介!
一般的に、10代の頃は皮脂分泌が過剰だと言われています。Tゾーンのテカテカが嫌だったり、ニキビができるからと言って過度のスキンケアを行っていませんか?

 

一日に何回も洗顔したり、ニキビ対策用のアルコール入り化粧水を使用したりするのは、肌を乾燥させる原因になります。

 

 

ほうれい線の大敵は「乾燥」です。皮脂分泌が過剰なはずの10代でほうれい線ができてしまうのは、肌の乾燥が原因となっています。
10代向けのスキンケア用品はさっぱりとしたテクスチャーのものが多いです。ほうれい線が気になる人は、「しっとりタイプ」の化粧品に変えてみましょう。乾燥を防ぐだけで、ほうれい線は目立ちにくくなります。

 

 

10代にもおすすめ!エイジング化粧品の選び方

エイジング化粧品は、加齢による老化を防ぐ化粧品のことです。

 

「10代で使用するなんて・・・」と抵抗があるかもしれませんが、加齢による老化の一番の原因は「乾燥」です。
ほうれい線ができる原因が「乾燥」によるものの場合には、たとえ10代であってもエイジング化粧品で改善を目指しましょう!

 

 

 

おすすめは、アヤナスのエイジングケアシリーズ。

 

高校生なのにほうれい線はできるの? 簡単にできる対策を紹介!

 

美容液・化粧水・クリームの全てを揃えるのは大変ですから、まずはクリームから試してみるのがおすすめです。
化粧水は、手持ちのノンアルコールタイプの乾燥しにくいものをたっぷり使用してください。仕上げに、アヤナスクリームコンセントレートで蓋をしてあげれば乾燥によるほうれい線をカバーすることが出来ます。

 

アヤナスクリームコンセントレートは定価5400円で、顔全体に使用した場合は1か月半持ちます。ほうれい線ケアのみに使用するのであれば、2~3か月半は持つので、エイジング化粧品の中ではコストパフォーマンス的にもおすすめです。

 

 

また、過度のダイエットによる皮膚のたるみの陰には、アヤナスアイクリームコンセントレートがおすすめ。
本来は目元専用のアイテムなのですが、ほうれい線に使用しても問題ありません。
クリームコンセントレートに比べて倍ほどの金額ですが、馴染みが良く、ハリ感が高いのが特徴です。

 

2~3か月アヤナスアイクリームコンセントレートを使用してみて、ある程度ほうれい線が薄くなってきてからアヤナスクリームコンセントレートに切り替える、もしくは寝る前のケアだけASアイクリームを使用するという方法もあります。
エイジングケアは、続けてこそ効果を発揮するものです。無理のない支出の範囲でほうれい線対策を行っていきましょう!

 

 

まずはアヤナスのトライアルセットをお得に試してみる

※トライアルセットは全額返金保障があるので、実質ノーリスクで試すことができますよ!