アヤナスは買ってはいけない? 悪い成分が入っているのか徹底調査!

アヤナスは買ってはいけない? 悪い成分が入っているか徹底調査!

アヤナスは買ってはいけない? 入っている悪い成分はこれだ!

 

アヤナスを買おうとしているそこのあなたちょっと待った!!!

 

巷ではアヤナスは買ってはいけないという噂が流れているらしいです。
私もそういったうわさをいくつか見かけました。
そこでアヤナスを買う前に本当に買って大丈夫なのか?含まれている成分について、徹底的に調べてみました!

アヤナスは買ってはいけない? 入っている悪い成分はこれだ!


 

 

アヤナスを買ってはいけない!成分を調査したらなんと・・・!

アヤナスは買ってはいけない? 入っている悪い成分はこれだ!

アヤナスの成分について公式サイトでは、

  • 安全かつ効果の高い成分だけを贅沢に使用
  • 通常のセラミドの1/20サイズ・4倍の浸透力で肌の奥まで潤いを届ける
  • 有効性とアン税制が確認できたものだけを使用
  • 保存料も高純度で高機能を果たすものだけを選び抜いている
  • 肌に刺激になるものは入れていない
  • 肌を刺激する成分は一切使用せず、安全で美しさを追求した
  • 香りには天然植物成分のみを使用

以上のことしか記載されていませんでした。

 

要は、アヤナスには安全性で高品質である成分しか使っていませんよ!としかいっていないんですよね。

 

逆になんか、怪しい・・・!と思ってしまったのは私だけでしょうか・・・。
だって、いい成分だけの化粧品なんて今まで見たことがありませんから。

いいことばかり記載されていても、疑ってしまう私は実際に購入をして説明書などに細かく書かれている成分まですべて調べてみました!

 

 

アヤナスの成分をすべて調べ上げた結果がこちらです!

アヤナスは買ってはいけない? 入っている悪い成分はこれだ!

アヤナスのトライアルセットに含まれて、最も利用者の多いこちらの成分をすべて調べてみました。

  • アヤナスローションコンセントレート
  • アヤナスエッセンスコンセントレート
  • アヤナスクリームコンセントレート
  • アヤナスアイクリームコンセントレート

 

 

成分名 主な特徴や効果・危険性など
プロパンジオール 高い保湿力を持つ成分。以前は毒性があるとされていましたが、現在は安全性が保障されている。
セタノール 乳化安定作用がある成分。アルコールの中では刺激の少ない高級アルコールで安全性は高い。
グリセリン 水分を保つための保湿剤。保湿力をアップさせることができる
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa 乳化剤として使用されている。水と界面活性剤と呼ばれる成分の一種。肌に刺激があると思われがちですが、非イオン界面活性剤という種類のものなので比較的肌への刺激は少ない。
PPG-24グリセレス-24 ジラウロイルグルタミン酸リシンNaと同様の成分。使用料は最低限に抑えている。
オレイン酸ポリグリセリル-2 ジラウロイルグルタミン酸リシンNaと同様の成分。使用料は最低限に抑えている。
PEG-150 ジラウロイルグルタミン酸リシンNaと同様の成分。使用料は最低限に抑えている。
アルギン酸硫酸Na 高い保湿力がある成分。肌に低刺激な成分なので肌トラブルのある人でも〇
オタネニンジンエキス 香りをよくするために含まれている。天然素材なので肌に優しい
コウキエキス 香りをよくするために含まれている。天然素材なので肌に優しい
ビルベリー葉エキス 香りをよくするために含まれている。天然素材なので肌に優しい
ローズマリーエキス 香りをよくするために含まれている。天然素材なので肌に優しい
Naラベンダー花水 香りをよくするために含まれている。天然素材なので肌に優しい
ニオイテンジクアオイ水 香りをよくするために含まれている。天然素材なので肌に優しい
紅藻エキス 香りをよくするために含まれている。天然素材なので肌に優しい
フィトステロールズ 植物ステロールとも呼ばれる成分。細胞を保護しアンチエイジング効果を高める。
フェノキシエタノール 殺菌効果を持った防腐剤。エタノールよりも刺激が弱いので肌が弱い人でも〇
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa 保湿、洗浄、肌荒れ防止の効果がある成分。ジラウロイルグルタミン酸リシンNaなので安全。
BG アルコールの一種で、保湿剤、抗菌作用がある。無害ではないがパラベンなどの成分に比べれば比較的安全な成分。
カルボマー 質感をよくするために使われる成分。安全性の高い合成ポリマーの一種。
キサンタンガム 肌表面で保護膜を作り保湿効果をもたらす。安全性〇
水酸化K 肌を柔らかくしてくれる効果がある。安全性〇
クエン酸Na 主に保湿作用、酸化防止剤目的で使われている。天然に多く存在する有機物の一種なので肌トラブルの心配はない。
クエン酸 酸化防止剤効果がある。ミカンやレモンなどに含まれる成分。
エチルヘキシルグリセリン 湿潤作用、保湿、抗菌効果がある。安全性に信頼が持てる成分。
ジグリセリン 水分を保つための保湿剤。肌に滑らかさやしっとり感がでる。肌に刺激が少ないので安心。
セラミド2 セラミドのなかでも最も高い保湿機能を持っている。安全性〇
普通の水

 

 

 

アヤナスの成分を調べてみて分かったメリット・デメリット

実際に調べていて思ったのは、「意外と本気でアヤナスは敏感肌の人のために化粧品を作っているんだな」と感じました。

 

今までほかの化粧品の成分も調べたことがあるんですけど、ここまで界面活性剤や防腐剤などのどうしても肌によくないとされる成分に気を使っている化粧品を見たのは初めてです。

 

アヤナスは、

  • パラベン→フェノキシエタノールを使用
  • 化粧品にどうしても必要な界面活性剤もすべて低刺激の成分&最低限の量を使用

 

 

など、安全性はほかの化粧品より高いと言えることが判明。ただしその代わりに価格が高くなってしまうようです。

 

逆に言えば、アヤナスより安い化粧品やかなり安く売られている化粧品は何が入っているのか怖くて使えない。私は調べてそう思いました。

 

アヤナスのデメリット

  • 価格が高い。
  • トライアルセットの一週間だけでは効果が感じにくい。というのも肌は28日周期で再生しているので1か月くらい使用しないとどんな化粧品でも本当の効果は実感できないことになる。

 

アヤナスを使用するメリット

  • 成分を詳しく見てみた結果、ほかの化粧品に比べて安全性がかなり高い。
  • アヤナスの売りでもあるセラミドのおかげで、乾燥肌を改善し肌の状態をよくできる。
  • 保湿力が高い成分が多いため、肌にハリがでて年齢を感じさせない肌を手に入れることができる。

 

一つでも当てはまる方は、アヤナスを試してみても損はないかなと思います!

 

ここから先は損したくない人だけお読みください!

アヤナスは買ってはいけない? 入っている悪い成分はこれだ!

アヤナスは買ってはいけない? 入っている悪い成分はこれだ!

アヤナスをこれから使ってみようかな!とお考えの方はすぐにはアヤナスの商品を購入しないでください!なぜならアヤナスの商品は高いからといって必ずしも効果を実感できるとは限らないからです。


どんな化粧品にも言えることですが、最終的に化粧品は使ってみないとその人に合うか合わないかはわからないです。とはいえ、アヤナスは成分から考えるに敏感肌・乾燥肌の人には効果が期待しやすいと言えます。実際に私もアヤナスを愛用する人の一人です。なのでまずは、2,700円のお試しトライアルセットを使って自分の肌にアヤナスがあっているかを確かめてから、ライン商品を買うのが最も効率的な使い方じゃないかな?と思います!

現在、公式サイトではトライアルセットが1,480円&全額返金保証付きで試すことができるみたいです!

こちらキャンペーン、期間は決まっていませんがもしかしたら近日中に終了するかもです。だってトライアルセットだけでもお得なのに、それにつけて全額返金保証まであったら会社が損してしまう可能性が高いと思うんです。
今月いっぱいで終了なんてことも普通にあるかもしれません・・・損せずにアヤナスを使いたい方はキャンペーンがまだ実施されているのか?チェックだけでもしてみては?

アヤナスは買ってはいけない? 入っている悪い成分はこれだ!

アヤナスは買ってはいけない? 入っている悪い成分はこれだ!

 

アヤナスの口コミ体験談はこちら>>